吠えてないで噛み付きなよ。

感想

 見た時期は特に関係なく、感想を書きたいと思ったものを書く。

『はじまりのうた』(2013)

f:id:bumppillows:20180111165631j:plain

 あのクソファッキンエモ名作映画Sing Streetを監督したジョン・カーニーの前作(Sing Streetがどうクソファッキンエモだったかは拙稿を参照してください)。

 終始優しい世界が展開される良い映画です。個人的にキーラ・ナイトレイマーク・ラファロがくっつかなかったのがすごい良いポイントだと思っており、くっつくとこの映画はよくあるラブロマンスに堕するわけですが、そこはこの映画の主題ではないのですね。作ったアルバムを1ドルで配信するシーンで「へへ…」「やっちゃったぜ…」みたいな顔してるのが最高。

 Adam Levineと仲良いんですかね監督は(Sing Streetでも挿入歌歌ってましたね)。クソ男の役(同居しておきながらツアー公演で会った女と浮気してキーラ・ナイトレイを捨て、彼女が売れだすと擦り寄ってくる)が異様にリアリティがあって良かった。

 

キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)

f:id:bumppillows:20180111165225p:plain

エルトン・ジョンはロックの擬人化

 正直手放しに褒められる映画ではないですけど、正月の頭使いたくない時には良い。というかストーリーのガバをエルトン・ジョンが全て帳消しにした。

 

ウルトラマンジード』(2017)

f:id:bumppillows:20180111201527j:plain

  「ベリアルの息子…母親誰だよ…」と思ったがそこは気にしないで良かった。クローンということはベリアルの人間体は龍臣なんだろうか…。乙一感はそんなになかった、もっと臓物が飛び出たりリクくんがライハちゃんに裏切られて闇落ちしたりするかと思ってワクワクしていたんですが…。

 円谷は最近本当にノッてきているので見ていて楽しい。過去の戦士を出す・力を借りることで過去作の宣伝もできるというフォーマットを確立した仮面ライダーディケイドはやっぱり偉大だったんだなあ…。

 

『劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』(2017)

 f:id:bumppillows:20180112030602j:plain

 ウルトラマンばっかりで申し訳ない。

 すごい個人的な事情なんですけど、子どもの頃地元テレビ局の再放送枠でウルトラセブン仮面ライダーV3がやってまして、この2つは世代ではないけど割と思い入れがあるわけです。その身からすると今でもウルトラセブンが映画に出てくれるのは本当にエモくて、あのイントロが流れると無条件にテンションが上がってしまいますね。

 あとアレ。「ゼットンさん…」「パンドンさん…」(ねっとりボイス)→「闇の力、おかりします!」の流れはわかってても笑う。TV本編最終回を見た後にジャグラーもいつかはウルトラマンジャグラーになれるといいなあと思ってたんですけど、この形は想定してなかった。

 

『風都探偵』(2017~)

f:id:bumppillows:20180111202948j:plain

 脚本が三条陸なので当たり前といえば当たり前なのですが完全にノリが本編。W好きだった人はコミックス買いです。翔太郎彼女できてよかったねって思ったけど不穏なフラグが立ってますね。まあ風都の女だし多少はね?

 

ズートピア

f:id:bumppillows:20180111203613p:plain

 もう語り尽くされてるので今更話すこともあまりないですが、個人的にいいなと思ったのが作品内できちんと悔い改めた者への赦しを描いている点でして、というのも我々が生きてる人間トピアにおいては差別認定棒で雑に人間をぶっ叩くと気持ちが良いということを発見した人々がそこら中で暴れまわった結果、liberal fasismやらSocial Justice Warriorやらドナルド・トランプミスタープレジデントやらが生まれる始末であるわけですけれども、ズートピアにおいてニックはスッとジュディを赦すんですよね、それが何でもないことかのように、これができる人がどれだけいるのかなあという事を考えると、所謂リベラル派もこの映画を見て手を叩いて喜んでツイッターでトランプ批判してるだけじゃ駄目なんじゃないのって思います。

 

 『老人Z』(1991)

f:id:bumppillows:20180112025204p:plain

 すごすぎて月並みな感想しか書けないんですが、今見ても新しく色々と示唆がある作品。老人介護とか、原子力の文脈とか、いろいろ話せそうな気がするけど、そんなこと考えなくても映像だけで見れます。大友克洋×江口寿史というスペシャルタッグなのに今一知名度が低い気がする。

 

けものフレンズ』(2017)

f:id:bumppillows:20180112025608j:plain

  たーのしー!

 ~最終回にて~

 ミミちゃん助手「我々の群れとしての力を見せるのです」

 ぼく「えっ…ひょっとして…けものフレンズ動物戦隊ジュウオウジャーってこと!??!?!?!?!?!?!??!?」*1

   最初はただのクソアニメだと思ってたけど楽しかったです。たつき監督カドカワにまけないで


   また思いついたら書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:アバンタイトル参照。「多くの命が生きる星 地球。一人の人間と四人のジューマンが出会い、一つの群れが生まれた。地球を守るために!」野性解放も被ってるよね

2017.12.14

 風邪が長引いており、授業が終わった後はフニーと言いながら布団にダイブするか、そもそもフニーと言いながら授業に行かないことが増えており、フニーと言うだけで暮らしていけたらいいのにと思う次第である。

 寝ていると当然何もできないので、気持ちが徐々に終わっていくことになり、こうなると自分の心の中のメンヘラ女子が暴れだすことになるのですが、皆さんはどうですか?メンヘラ女子と付き合っていますか?セックスを得たいがためにメンヘラに餌をやるのをやめろ。本質的なLOVEが世界を席巻してほしい。ヤリチンのちんこもげろ。

 本当はこんなくだらない話ではなく、最近勉強したことについての話とか、カンフー・パンダカンフー映画として如何に完璧かという話とか、カンフー・パンダ2のタイグリスちゃんは死ぬほど可愛すぎてもうなんか意味わかりませんよねという話とか、久々にギターを弾いたら死ぬほど下手になってて実力の衰えに引いた話とか、そういうのをやりたいのですが、如何せん気力が残っておりませんのでこの辺にさせていただきます。誰か僕を養ってください。家の中でフニーと言ってくれる、悩みを相談すると衒学的な言葉で煙に巻いてくれるなどの効能があります。どうして現代では書生という職業が成り立たないんだろうか。

2017.10.17

 やっていっています。

 豚ももブロックが安かったので、久しぶりに肉塊を包丁で切断したら気持ちになってきてよかった。みんなも積極的に肉塊を包丁で切断しよう。いいストレス解消になります。あと、やっぱり最初にきちんと焼いたほうが肉は柔らかくなります。玉ねぎに漬け込むのはまた今度。

 明日はドミニオンの新拡張パックが導入されたらしいので部室に行ってきます。

2017.10.01

 明日から授業が始まるのでその準備。殆ど終わっていたのでやること無し。予習を溜めておいた。

 アナログ人間なのでbluetoothイヤホンに対しなんとなくの不信感があったが最近はそれなりの音質のものが揃っているという噂を聞き、1つ購入。ジムに行った時に有線だとコードが引っ張られてしまい断線気味になっていて困っていたので。

2017.09.30

まるで映画感想ブログみたいだぁ…(直喩)

ベスト・キッド』(2010)
f:id:bumppillows:20171001011646j:plain
 84年版は若干テンポが悪いところもあり、面白めのB級映画という感じだったが、いい意味で別物になっている。
 チンピラ気質の少年が、カンフーを通じて心身ともに強くなるというのはいかにも香港カンフー映画的で良い。「健全な精神は健全な肉体に宿れかし」と先人は言ったが(そして願望系である通り実際にはこのような状況が実現することは少ないのだが)、ジャケットを床に放り出し、友達の大事なオーディションで騒がしくしてしまう礼儀知らずの少年はカンフーによって人間として成長するのだ。だから84年版ではワックスがけだった修行がジャケット掛けに変わっているのである。「原作と違う!」しか言えない人は反省して、どうぞ。
 ラストでいじめっ子たちがジャッキーに礼をするシーンはこの流れの集大成。見終わった後は"Everything is Kung-fu."と呟きたくなることうけあい。

ウォッチメン
f:id:bumppillows:20171001012027j:plain
 原作コミックスをそのままなぞっていると到底尺が足りないので多々カットされている(初代ナイトオウルが死ぬくだり、ロールシャッハのマスクのオリジン、火星の謎オブジェをDr.マンハッタンが作ったいきさつなど)が、それでも長い…原作未読の人は耐えられるのだろうかこれ。というか理解できるのか?みんなコメディアンがケネディ暗殺したのわかってんの?
 ラストの改変は好み。Dr.マンハッタンが地球を離れる理由がよりそれらしくなったし(ぶっちゃけコミックスでは「お前人類守りたいのかどうでもいいのかどっちやねん」という感じがしたので)、さすがに2009年に「エイリアンがせめてきたぞっ」で人類が団結する所見せられてもね…。
 みんなも悪いことを思いついた時はヒーローが止めに来る35分前に実行しようね!
 

2017.09.28 & 29

09.28
鼻の調子が悪くて割と寝て過ごした。
『反逆の神話』三章を読む。
『事例研究行政法』一問。

09.29
刑事訴訟法の補講を受けた後に『クリード チャンプを継ぐ男』を見る。割と過去作ネタが多いけど初見の一緒に見た人も楽しそうだったので元のストーリーラインもイケる映画なのでしょう。個人的には一億まん点。過去作に頼りすぎないように頑張った感じが見えたところも好印象。
『事例演習刑事訴訟法』補講中に読み終わる。

2017.09.27

 はじめて「あ、これは明晰夢だな」と夢の中で思い、よっしゃエロいことしたろ!と思ったはいいものの夢の中では何をしても気持ちよくないことに気づいてやめた。

 

 『反逆の神話―カウンターカルチャーはいかにして消費文化になったか』を少し読む。消費文化に対する本かと思いきや左翼の運動手法批判の本だった。内容は概ね同意。最初に結論を提示して後はそれを延々と検証していくタイプの本。これを読み終わったら『タブー』(フランツ・シュタイナー)を読むつもり。この本を読めば積ん読は解消。

 

 『事例研究行政法』『基本事例で考える民法演習』を一問ずつと、去年の新司公法、民法択一をやった。答案構成+答案を書くスピードはやや改善されてきた気がするが、出せる速度と構成の内容の平均値を上げないと本番では使えないのでさらに練習が必要。「時間がないから問題提起・規範定立・あてはめを適当にしてしまった」という同じ失敗を…後期ではしないようにしようね。そして、みんなのために、生きようね!「既に理解していることを繰り返す」ことが昔から苦手・嫌いなツケがきているので、ここは意識してやる必要がある。